麦田国際教育について

2019年1月18日

はじめまして。麦田国際教育です。

2018年、深センは世界中のイノベーターの憧れの場所となりました。
なぜなら深センでアイデアを作り、深セン市内で試作品を完成させ、東莞市や佛山市など製造業の中心地ですぐに大量生産を行うことが可能だからです。

2007年当時、すでに大勢の中国人の若者たちは時代の変化を感じ取り、日本語や英語学習に取り組み、海外で技術を学ぶと共に国際人としての振る舞いを学びだしました。
わたしたち麦田国際教育は、そのような大望を抱く若者たちを助けたいと思い2007年に東莞市長安に最初の教室をオープンしました。

加えて駐在員として中国で生活を始めた多くの日本人のために中国語教室を開講し、生活とビジネスの両面においてコミュニケーションのお手伝いをしてまいりました。
現在は東莞市内に長安教室と虎門教室、深セン市内に蛇口教室、福田教室、後海教室の合計5拠点にて毎日大勢の学生たちに中国語・日本語・英語・韓国語・フランス語などの授業を行っています。

中国語教育に関しては、マンツーマン方式の授業スタイルを採用しています。グループ授業にも利点があります。例えば学習者同士で互いに練習したり、相手の誤用から学ぶことなども可能です。また授業料が比較的安価であることも魅力です。しかし学習スピードはマンツーマンスタイルと比べると遅く、予定の変更も容易ではありません。対してマンツーマン方式の授業であれば、発音の練習にしても文法上の疑問を解決するにしても徹底的に時間をかけることができます。また忙しいビジネスマンでも短期で成長が見込め、かつ自分の予定に合わせて学習計画が建てられるマンツーマン方式の授業は最も有効な授業スタイルです。

10年以上にわたり、効果的な外国語教授法を研究してきた麦田国際教育で中国語を含む様々な外国語を学ぶなら、間違いなくあなたの言語能力は向上し、より快適な中国での生活を行えるようになると、わたしたちは確信しています。

Posted by TETSUO KUMAZOE